FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼が笑うと言いますが…

来年も面白そうな
超ニッチ
製品が出せそうです!

開発計画を見ると…TFXの文字が?!

80PLUS PLATINUMの500Wとか、営業的にも遣り甲斐を感じる製品が出ますねー

ぜひ、途中で開発中止せずに製品化して欲しい!!
スポンサーサイト

発売日決定

絢風300-AYAKAZE300-
12月24日発売開始予定です。
21日には弊社倉庫に入る予定なので、各社物流倉庫経由でも24日には店頭に並ぶと思います。

初回分は部品の供給不足から、かなり少ない量しか出せません…
ご迷惑をお掛けする事になりますが、現在供給不足解消へ鋭意努力しております。
大変申し訳ございませんが、ご理解の程お願い申し上げます。

BK-5000の裏側

先日、不幸にも輸送中の事故によりベッコリと外装が逝ってしまったBK-5000が返品されたので、個人的興味により基板の裏側を見たので、せっかくだからココでも写真アップします。

1枚目…ハンダ面全体
2枚目…1次側アップ
3枚目…2次側アップ
4枚目…1次側コンデンサ
5枚目…2次側コンデンサ

ハンダ面は綺麗だと思います。
変なハンダの盛りも見られません。
1次側と2次側の絶縁もしっかりとしてますね。

やっぱり、このクラスだとコンデンサは贅沢言えませんね。
素性が分かるメーカーとは言え「良質」では無いかもしれません。
本社開発担当曰く、
「部品選定時点で、厳格な寿命・耐性・特性試験を行っている」
との事です。私は、この言葉を信じるしかないので…
1次側のコンデンサの容量がデカイのにびっくりしました。

※ロットによって、使用している部品メーカーが違う場合があります。
 これは、部品調達を円滑にするために、「同じ特性を持つ部品」を数種類使えるように設計している為です。
 部品が違っても製品の性能に影響はございません。

BK5000ハンダ全体

BK5000ハンダ一次側

BK5000ハンダ2次側

BK5000一次側コンデンサ

BK50002次側コンデンサ


絢風300

無事?に工場から出て明日出港との連絡あり。
部品が足りずに数量がエライ事になってます…
もう、慢性的な高品質FETの品不足…
早く解決しないかしら。

X7-500(仮) 80PLUS PLATINUMは来夏の予定らしいです。
プロフィール

HKJ営業マン

Author:HKJ営業マン
中国に本社があるHuntkeyです。
スイッチング電源のシェアは世界トップクラスの会社ですが、日本ではまだまだ…
でも、徐々に認知度も上がってきて忙しくなってきました!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。